ネコのあたまでお散歩を。

2010 12月 29
by kanazu

ネコのあたまでお散歩を。
映画「ネコのあたまでお散歩を。」のサントラを制作しました。

大学のサークルの後輩で脚本を書いている小寺君からPraterを聴いて連絡をもらい制作することになったのですが、脚本がとても素敵だったので楽しみながら制作させてもらいました。

参加いただいたメンバーの皆さまです↓

トロンボーン:井登友一
スティールパン:萬年
ギター:牧野容也
オルガン:喜多村朋太
ベース:山俊介
ドラム:スギタシンヤ
ピアノ:金津朋幸

レコーディング:
林皇志(Silence Audio Recording)

今回はPraterのメンバーに加えてトオヤマタケオ楽団やmama!milkの作品などにも参加されているトロンボーンの井登さん、radiosondeの青木さんから紹介いただいたスティールパンの萬年さん、そして小鳥美術館の牧野さんらにも新たに参加いただいています。
個人的には以前から井登さんの気品と色気を同時に持ちあわせた音色や、牧野さんの流麗でいて素朴なギターがとても好きだったので嬉しい録音になりました。
もちろん萬年さんのナイスな人柄がにじみ出たスティールパンや安心美味な喜多さんのオルガン、いまや10年以上の付き合いとなっているスギタ君、山君のリズムも素敵でした。
あとは男性だけのレコーディングだったせいか打ち上げの”ビストロ松久(by井登さん)”で異様な盛り上がりを見せてしまったのが良い想い出です。

制作は脚本をいただいてまずメインテーマを作り、その後はテーマを展開するかたちで各パートのデモを制作。その後のラッシュを観て録音という流れになったのですが監督・編集の原田さん、脚本の小寺くんにはとても良いかたちで進めさせてもらい感謝しています。

映画はひきこもりの女の子がお散歩に行く話なのですが詳しくは公式サイトで↓
ネコのあたまでお散歩を。

メインテーマだけmy spaceにアップしました。my space、使いづらくなりましたが…。
http://jp.myspace.com/kanazu
「海を見る」という曲です。
映画の雰囲気の一端を感じていただければ幸いです。
曲のイメージ作りのために逗子に行ったのですがとても素敵な場所でした。となりの鎌倉はちょっと観光地ぽい雰囲気が強いですが、逗子は海沿いで暮らす人たちの穏やかで地に足の着いた空気が感じられてまた行ってみたいと思いました。

上映はこれから各地で行なっていくようで、まずは1月末に東京のCafe Apres-midiで上映会を行うとのことです。
また詳細はTwitterやこのブログでお知らせしますのでよろしくお願いいたします。

追記:
早速ですがCafe Apres-midiの詳細です↓
http://nekonoatama.com/?p=64
僕も行ってみようと思います。橋本徹さんのDJもあるようですのでもしお時間がある方はお越しいただければ幸いです。

Leave a Reply

Note: You can use basic XHTML in your comments. Your email address will never be published.

Subscribe to this comment feed via RSS