ハンガリー ブダペスト

2008 12月 27
by kanazu

ブダペストの橋

<最も西にあるアジア>

チェコから電車で6時間かけてハンガリーの首都ブダペストへ。
正直なところハンガリーはついでに行っとくかという気持ちだったんですが、結果的にはこの旅で一番良い街だったかもです。

街並はチェコよりも東っぽいというかアジアっぽい感じで、「最も西にあるアジア」と呼ばれているらしいです。オレンジとか緑とか赤がチェコよりはちょっと多い印象。

ハンガリー人は黒髪で緑っぽい目をしている方が多いんですが、子供のころに尻に蒙古斑があり、元々はモンゴロイドだそうな。ちなみにハンガリー語は確かにイントネーションはアジアっぽいのですが、この旅で最もわからん言葉でした。何回も地下鉄に乗りましたが、最後までひとつの駅名も聞き取れませんでした。
しかしチェコ同様にみんながとても親切。でもけっこう大雑把というか田舎っぽい感じで、それが良かったです。
※上の写真がスライドショーになってるのでクリックしてみてください。

<ハンガリーの食べ物>

端的にいうとハンガリーの食べ物はパプリカに尽きます。何を頼んでもパプリカが入っている、というかベースがパプリカ味です。
グーヤッシュていう煮込みというかスープみたいなのがあるんですが、たまに自分が家で作っているのと同じ味でした。自分ではスペイン料理だと思って作っていたんですが実は知らないうちにハンガリー料理を作ってたことがわかりました。

あとはフォアグラが有名で安い。大体、一皿1500円くらいで山盛り。しかしパプリカ味。そしてフォアグラはそんなに大量に食べられないことも改めてわかりました。

飲み物はワインが有名らしく店によってはグラスワインが水より安かったので酔いまくり。

ブダペストの聖堂

<世界一の夜景>

ハンガリーで最も素晴らしかったのが夜景。
「世界一の夜景」やら「ドナウ川の真珠」なんて言われているけど正直なところ「いやいや大したことないやろ」と思ってました。が、これまで見た夜景の中で最も美しかったです。

ゲッレールトの丘というところから市街が360度見渡せるのですが、季節は12月。そんな寒い時期に夜景を見に行く人はいないらしく広い丘の上に一人。忘れられない風景となりました。

普通は丘の上までバスで来るらしいんですが徒歩で来てしまい、帰り道で迷いました。迷っていたら駐車してあった車の中で男女がコトに及んでおり、あらためておおらかな街だと実感。あんまり関係ないか。

物価も安く、人もおおらかなハンガリー。日本人だとあんまりイメージわかない国ですがかなりオススメです。

2 Responses leave one →
  1. しぽり permalink
    12月 27, 2008

    旦那とも話してたんですが、写真うまいですよね。いつも感心しながら読んでます。耽美派だから?

  2. kanazu permalink
    12月 27, 2008

    誰が耽美派やねんw
    でも写真といえばやっぱり御社の会長ですよ。
    また年末か年始にご挨拶にうかがいます。

Leave a Reply

Note: You can use basic XHTML in your comments. Your email address will never be published.

Subscribe to this comment feed via RSS