“Prater”

2010 2月 22
tags:
by kanazu


もう1週間をきってしまいましたが7月21日、ようやく自分の初めてのソロ作品”Prater”を発表いたします。

作品の詳細や関わっていただいたみなさんのことは発売時に書こうと思いますので、
まずはアルバムを作るときに自分の指針として書いたテキストをお伝えできればと思います。
※抜粋版ですがMySpaceで数曲、試聴可能です。
http://www.myspace.com/kanazu/

ヨーロッパ旅行の後、作品制作の指針としてこんなテキストを書きました。

“Praterについて”

プラーターはオーストリアのウィーン市内中心部からやや東に位置する遊園地のことだ。その歴史は古く、18世紀後半に当時の神聖ローマ皇帝ヨーゼフ2世が一般に開放したことに端を発するという。なかでも有名なのは映画「第三の男」に登場した観覧車で、ウィーンの絵はがきにはこの観覧車を写したものが多く見られる。

この作品を作るにあたってふたつのことを考えた。ひとつはグレイということについて。そしてもうひとつは季節についてだ。

善悪、美醜。時として愛情さえもが相対的な存在になる。それが決して答えではないと感じながら、結果という事実は強い力をもって私たちの前に立つ。あらゆる価値はグレイであり、未来を決める局面において「正しい」という判断はほとんど意味をもたない。

私たちの日々はゆらいでいる。
しかし確かに進んでいる。
それを私たちは季節から知る。

雪が降る前の大気の匂い。暖かい朝。腕を流れる風。10月の午後の光。
誰にとっても思い出す「それまで」があり、続いてく「それから」があり、大切なことを既にたくさん知っている。

ゴンドラが登り、降りてくる。地面に降り立った子供は母親に笑顔を見せる。母親は何か言おうとしてやめ、ただ微笑み返す。
観覧車のように空気の上を渡り、私たちは確かに生きている。

音楽を言葉を使って語ることは決して好ましいことばかりではないと思います。
それでもやはり、作品に対する気持ちの一端が伝わる可能性はゼロではないと考えてテキストを載せました。

参加してくれた方、聴いてくださる方、自分だけでは決して形を成すことがなかった何ものかを音楽にしてくれた全ての方への感謝を忘れずに、これからも精進していこうと思います。

No comments yet

Leave a Reply

Note: You can use basic XHTML in your comments. Your email address will never be published.

Subscribe to this comment feed via RSS